2018年11月15日

従来の「自己査定」に対する引当率を大

従来の「自己査定」に対する引当率を大幅に見直し、「正常先債権」以外で働日貸出となっている債権には、十分な引当金を積むよう要請しています。さらに、不良債陥を償却すると自己資本が減少してしまい、一定の自己資本比率を維持できない大手銀行などには、公的資金による資本注入まで行いました。これら一連の政府の施策は、金融システムの安定化というより債務者救済の意味合いが強いといわれています。なぜならば、「貸し渋り」などによって、倒産しなくてもよい企業が破綻し、雇用の受け皿ともいわれているゼネコンがハタハタと倒産すれば、失業率の悪化など、経済恐慌につながると考えられたからです。債権放棄や債務免除は、その対象となっている企業が、再び健全な企業へと再生すhttps://goyanoticias.com/about/satei/



Posted by 上間 沙紀  at 15:39 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。